脈診と自転車事情

f:id:sattva:20170516170538j:plain 

星ヶ丘にて。 

 

先日は夜勤明けで商工会議所に直行し車とかの税金分けやらしてきました。 

今の職場は局部に特化してる為基本夜勤も楽。だからこそ副業もしやすく助かってます。 

 

さて最近私の日々に追加された事が脈を自分で診る事。 

時代がどれだけ進化を遂げていても、人の身体は心と体、他の動物同様タンパクと水他自然にあるものでしか生成されていません。自然にあるエネルギー体が人間の体にも同じように作用しているという理論が東洋医学であり陰陽論とか気功とかもそれらの応用だと思います。逆に目に見えないモノを排除した考え方が西洋医学ですが、私は癌患者さんに「身体が治ったら終わりじゃない!」とお叱りを受けて以降、心を支える意味を知りました。ヒトは体だけで動いてないんですよね。。

 

その観点で自分の脈を見ると、私の場合火と風のエネルギーが強く、火は風により煽られるように火を鎮火する為には風を鎮めるという事で日々私自身が山火事に成らないよう食べ物や環境で調整を図るようになりました。 

 

そうして脈をみると、夜勤の前はやはり興奮してるせいで火の勢いがすごい事がわかりました。アドレナリンがバンバンな状態笑。だから絶対休み時間もねれない訳だと納得します。。  

火のエネルギーが強い人とは、基本は経営者に多いそうです。火のイメージは燃えてる訳ですからただでさえ火のエネルギーが強い人は火が強くなり易い事で起きる炎症疾患に注意が必要です。私も疲れが溜まりだすと口内炎がよく出来たり胃酸が沢山でたりしますが、アフタ(潰瘍)は炎症性の疾患ですからそういう方は火のエネルギーを鎮めてみてください。 

 

うちの旦那は水の人なので私は基本、彼からは自らの火が鎮められ易い筈、、⁇ ですが..😂 

 

とにかく、私は身体の発信するサインをとかく間違えて認識してる事が多いので正しい判断が出る脈診が最近は気に入ってます。 

 

そして自転車🚴‍♀️🚴‍♀️🚴事情❗️ 

 

スポーツ自転車ブームが去った今... 

 

死にそうな店が沢山あるそうです。 。といっても、元々ブームがあれど同じ仕入れ、排出量でやってた店は少し先細りしても大丈夫な訳ですがブーム時に店舗も増やすわ、仕入れをでかくした店とかは不良在庫に泣かされて大変だと思います。。もともと海外メーカーの輸入条件をクリアでき販売出来るのは母体大きな店だから良いんですけどね。自転車事業から撤退して終わりでしょう。ってことで元々の市場に戻っただけでウチみたいなタダ生きるので必死な店には関係ありません😂

 

こうしてみるとやっぱあぶく銭って怖いですね。地道でいいから人の手助けして生かしてもらうのが一番いい生き方かなと実感してます。皆さんももっともっと言わず適当に今に満足しましょうネ💝 

 

 

とそんな今日気になったのはカンヌ映画祭では有名な河瀬直美監督の恋愛映画。

彼女の映画は何となくの感想ですが主観が強く無くドキュメンタリータッチかなと。。それゆえの救いようの無い辛い映画が多い気がします。カメラマン出身なんでしょうかね。。?

youtu.be

 

脈も常に変化するし時代もブームもどんどん変わります。

常に変わらないモノってなんなんでしょう。。

 

 

夏が近付きノンビリしたい休日にいいミュージシャン探し。

マービンゲイって夏っぽいですよねー。

ビール片手にタランとしたい時聞きたい感じです。 

youtu.be