読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の音源 〜Giovanni Sollima〜

音楽

 

 

20代の終わり

Kremerata Balticatracing astorというCDの中の

Violoncells vibrez!を耳にしてから

自身の中で相当な好きなこの曲。

 

久しぶりに聞き、なんとなくいろいろ検索していたところ

なんとその作者が今も生きている人であることを知ったのは昨日笑 

 

ピアソラと同じくらいであろうと勝手に先入観を抱いていたもので

非常に感動をしました!

 

 

作曲家、チェリスト Giovannni  Sollimaです。

 Violoncells vibrez! (チェロよ歌え!)は彼の作曲です。

私的には白樺を連想させます。。

 

youtu.be

 

 

生きていると一度は理由なく気持ちが高揚して仕方ないほどの出来事に出会えることがあると思いますが、そんな魂の興奮という意味での Gionvanni Sollimaの感性はわたしの頂点であるといっても過言ではありません。

 

いつかは朽ちていってしまう肉体と反対に

心はどこまでも深く、水水しく清く気高くいることができます。

 

元のそんな心に戻れるような

魂が震えられるものを大切にしたいなと思います。

 

youtu.be

広告を非表示にする