来年の目標

f:id:sattva:20161221175735j:plain

もともとはちみつにはまってる我が家ですが。。

風邪のときこそハチミツが本領発揮します。

 

 

 

年末もあと少しでその忙しさが若干実感ないまま2016年が終わろうとしています。

 

私にとってこの一年は体に無理がきかないことを自身に知らしめるような一年でした 。無理がきかない体によって教えてもらったことは大きく、良いものを与えていけるためにもまずは自分を整えることだけに専念しようと思えるようになりました。

 

そんな年末、決算のため有休をとった今週ですが、週初めそうそうからかなりひどい風邪をひいてしまいました。一番ピークの時解熱剤をしこたま使い夜勤を気合で乗り切った分、あとから倍返し状態になりやっちまった感だらけな今ですが、さまざまな反省を込め来年の抱負なんぞしたためておこうと思いました。

 

 

〜自分の体を整える、心を整えるということ〜

 

私はこの、休むギアチェンジが下手で休む=負け みたいな意識があり休むという行動が十分にとれない自分がいました。でもこういった意識をもっている層は私の上の年齢の方には当たり前に多いのかなと思いますがどうでしょう?

 

24時間戦えますかなんてフレーズが大きな共感を呼んだ日本です。個人より集団が優位であった日本ですから、自分を殺している生き方をしてる人はたくさんいるんじゃないでしょうか。

 

仕事が楽しいのならいいですし、仕事しなくてはお給料は入らないので仕方ないこともあります。

 

でも心は自由であることを忘れていたのかなと思います

 

 

〜さあみなさんも私と一緒にシフトチェーンジ♪〜

 

 体に対しての心、精神という部分は科学が主体の資本主義社会では人の健康には関係性がないとされてきました。しかし時代の変遷とともにこの考え方で人は健康でいられず歪みが生じ、以後心を重視するようになった時代になってきたのが昨今であると思います。(科学と反対に東洋医学は体と心の両方で一つという考え方で、今は東洋医学の思想がいろんな分野で取り上げられています)

 

たいして生きていない私がいうのも変ですが、時代が変わればいろいろなものが変わります。いい意味でも悪い意味でも、順応性というのは大切なのかなあと思ったりする今日この頃です。

 

世代間のギャップという言葉がありますが、私がみてても今の若い子は自分の使い方が上手い気がします。自分と外(社会、他人)の切り替えが出来るというか、スタイリッシュな印象というか。無理しない、自分を犠牲にしないという、私たち世代では若干度胸もいるような生き方です。笑

 

私もこんないまの若者の生き方をやっかむ世代です笑 

 

私たちは心も会社や先輩に合わせ、ギスギスしていました。でもやっかみの中にあったのはうらやましいという気持ちでした。ここがポイント、したいことができない昭和のあなた。

そう、自分もなったらいいんです。。

そうしたら、その子たちのことは腹たちません笑

 

今時の子がいろいろ社風的にとか問題になることがあるとも思いますが、もうちょっとその若い子を信用するのも大切ですし更には”自分のやり方が永遠ではない”と認めることも大切なんじゃないかと思ったりもします。

 

平野ノラが芸人として笑われてますが、彼女は芸人だからいいんです。私たちは普通の一般人であるので。。気持ちを変えること、来年から意識していこうと思います。

 

 今年は私の人生のターニングポイントでした。

 

この一年を活かして来年以降いけるといいなと思います🌟

 

 

広告を非表示にする