読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業者のアンチエイジング

 

 

f:id:sattva:20161214181640j:plain

                 クリスマスの準備も完了〜〜^^

 

 

 

 

誰でも気にしていることーそのひとつがアンチエイジングと思いますが

 

個人事業主のオーナーさん(または夫婦共同経営者の奥さん)は、業種によっては制服があったり(飲食系は絶対ですよね)、自分の外観に清潔度はあっても自身のアンチエイジングまで手の届く方はなかなか居ないように思う私です。

 

なんせ、経営すべて自分達でやっていては店のことは行き届いても自分のことにかける余裕はほぼありません。

さらにサロン系でない限り、人からの刺激という意味で同年代のお客さまなどと自分を比較する機会もないので(年を聞くこともないので)自分の認識はさらに疎くなって..

 

そんな当事者としていつも気になるのは、”今年もやってこれた”という店の何周年ばかり。。自分がいくつ年をとったかなんてかなりどうでもいい。っていう。

 

そしてふと、自分のなりがウインドーに移ってびっくりです。

”え?これ自分???”

 

そんなことが、私にはありました。。

でも、自営業のオーナーさんこそ欠けられない存在です。体に気を使ってほしいと思うのですが、看護師をしている私も知らなかったポイントがあるのでぜひたくさんの人に知ってほしいなという次第です。

 

それは、体には

回復の力がある年代とそうでない年代があるということです。

 

これくらいは私も知ってたことですが

若い時無理ができるのはなぜかというと、脳も脳から出されるすべての体のシステムも

臓器も、若く健康であるためです。

 

さてこれが40台になったらどうか。

 

私はすでに少し目のフォーカスにタイムラグが出ていますが

同じように体もあちこち回復に時間がかかるようになりました。

それでもまだいい方だと思いますが、

 

男性の方はごめんなさい。でも女性とほぼ同じだと思っていいと思いますが

女性の場合自分の体の悪いところ(骨、歯、血液成分の悪い値と指摘されているとこ

ろ)生理のあるうちに治した方がいい

と、教えてもらいました。

 

これは私の職場の主任さんからのアドバイスでしたが、実経験からの真意の助言であっ

たと思っています。

 

人間の体の中で血液や自律神経というような大きな役割を果たしているのがホルモンですがこのホルモンという物質は、自律神経同様人が生きる上で何に対しても少しづつ役立っている影のとても大きな役者さんといったところ。

 

このホルモンの分泌が閉経という形でなくなると、体は今まで回復に力をずっと借りてきたホルモン力を得られず体を調節していかなくてはならないので負担増により、そんな簡単に要所要所を回復させることなどできなくなって当然なのです。

 

生理が終わった途端に太りやすくなった、やせにくい💧

血液の悪い値がぜんぜん変わらない,,

 

 

なのでダイエットも虫歯も個人的に指摘されてる悪いところ。。。

 

みんな治療するなら閉経前に是非‼️

(50歳くらいまでって感じでしょうか)

今は病院や特別なサロンに行かなくても

同じような成分、機械で自分でケアできる商品もとても多くなりました。

 

お金を使わず効率よくケアして、いつまでも滑らかさのある若々しい体でいたいなと思う私です。

 

 

 

 

広告を非表示にする