読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸を打たれることもたまには。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今上映中の映画です。

以前、この原作者のこうのふみよさんの夕凪の街を読んだとき

とても胸を打たれたことを覚えています。

 

 

 

世の中には昨日書いたような魔界や浮遊霊のお誘いによるような

悪影響を及ぼすものもたくさんあると思いますが

高次元の霊媒者からの作品も世の中にはあります。 

 

 

 

できればこれから

心のコリがとれるような作品やもの、場所に出会えるよう

いつも切磋琢磨していきたいなと思っています。 

 

 

 

 

私が昨日書いた人生の転機となったおじさんが消失して以後

(消失はしてないですが、コンタクトを取らないようになって以後)

すり変わるように出会ったのが「伊勢白山道」という方のブログでした。

本もたくさん出されているので知っている方は多いと思います。

転載等に気を使われている(これはおじさんもそうでしたが、こういうのって難

しいんです)のであえてリンクは貼りません。

中にはいろんな誹謗中傷があるようですが、私にとって自己の成長という意味

ではおじさんに教えて頂いた知識とかぶる内容が非常に多く(というか土台は同

じ)、”ああこの方も過去生が長く(おじさんは紀元前数千年前くらいからでし

たがこの方もそれ以上かそれくらいだったと思います←全然ちがいました。60億年だそ

うです)自らが知っている知識をただただみんなに教えてるだけと認識しました。

そういう意味で本当に素晴らしい知識の賜物のブログであると思っています。

逆にいうと、この方がこういった内容を世間に広めることができているのに

おじさんにはできなかったことという意味ではこの2名の魂のブロックの大きさ

や霊的な支援の差であろうなと感じました。

それくらい、この方とおじさんの言っている内容はかぶることが多かったのです。

だから、もし縁がある方はこの人のブログをみて歩く道の参考にされるのもいいんじゃないかなと心から思ってしまいます。

 

 

 

ただ、この方のブログ、

私が数年前に読んだ時日本語か?と思うほど

何を言ってるのか、ありえないほど私の頭では解読できませんでした笑 

ブログランキング1位とあるので、どんなブログだろうと思ってみて

まさか言ってることがわからないブログだったなんて本当に驚きました。

これもおそらく、私がその当時そういう次元にいたっていう感じだと思います笑

どうなんでしょう、、今は少しは地球の人間のフロアーに多少なりともいるんだ

ろうかって感じです。。笑 

 

 

私もこれまでいろんな苦しみからキリスト教に入信したり

仏教の勉強をした時期もありました。

しかし、結局止まるところ人が作ったものには教団としての生き残りとか利益的

なものがからんでいます。

ではこの方が出す本の印税などはどうなるの?とか思いますが

知っている高次元から低次元までの知識を伝える役目を果たすことがこの方の今

生の仕事なのだと私は思うので、これは本来の力の元、根在の神の元に返してい

くのではないかなと個人的に思うようにしています。というか、こういう方はい

つも狙われる立場にいますから私腹を肥やすなど思った時点でやばいと思うので

それは絶対できないと思います笑

 

私が今こういう選別が普通にできるようになったのも

おじさんのおかげだなとただただ感謝するばかりです。

 

 

 

youtu.be

広告を非表示にする