読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動物のこと

 

 

 

 

また九州に台風が近づいていてきていますね。

何度も地震が止まない熊本、なんとかこれ以上

の災害被害が出ないといいです....☔️

 

 

 

タイトルの件の前に

まずこの事を先に書いてもいいでしょうか。

以前初めてその試合を観てとても感動し、

以来ファンの井上尚弥さんの防衛戦が昨日ありました。

 

また自分もファイトをもらいました^ ^

efight.jp

 

 

 

そして昨日は近くの飲み屋さんに行ったあと

うちでまたいいテレビを見ることができました。

 

www.mbs.jp

 

熊本の獣医さんです。

この獣医さんは54歳

23時まで診療をしたあと10件ほどの手術をするそうです。。

考えられない生活です。

 

この先生が熊本でしていることは本当に素晴らしいのだけど、

 

人とペットという動物との関係を考えると

私も子供がいない人間なので?

(子供が欲しいと思ったことは無いんでいいんですけど^^;)

核家族よりさらに独居の人が増えている日本では

私がそう思うように

ペットの存在とはどんな生き物であろうと家族のように思う人も多いように思うのです。。

家族以上に愛してる人もいると思います。

 

f:id:sattva:20160905094347j:plain

ハムスターは私が若いころ飲み屋で働いていたとき遅い時間にマンションの駐車場で拾って以降大好きになりました(#^.^#)

 

 

子供のころから買っていた犬が自分が28歳のとき死ぬときも、

家まで33キロの道を迷うことなく何度も帰り、犬の最後が辛かったのを覚えています。

犬が死んだあと、私が実家に対し愛着が犬以外全くなかったことがわかり自分でも驚きました(゚д゚lll)

 

 

この獣医さんが未来に想い邁進していることーそれは、

大都会で地震が起きた際に関してです。

 

 

災害のストレスは見た目が元気そうでも

体に相当の不調がかさむのは人も動物も同じようです。

 

 

さらに、家族同然で暮らしてきたペットに何もできないばかりか

一緒にいられないことはお互いとてもとても辛いはずです。

 

 

日本で今ペットに助けられてる人がたくさんいるというのが現実な以上、

こういう問題を動物が好きな自分は他人事であるとは思えませんでした。。

 

 

ーどんなときも家族である動物と一緒にいられる社会にしたいー

 

 

思いやりが人を動かす、、

そんなことをこの獣医さんに感じました。

 

 

さらに...

体の限界に挑むような生活を素でやっていられる先生をみていると、

やっぱり生きることというのはそれが正しくても正しくなくても

一生懸命自分が思うことに突き進むことが生きる幸せなのじゃないかなと思ったりしました。

 

 

 

 

ボクシングの井上さんの練習に突き進む姿も

この獣医さんも重なるところがあったように思います。

 

 

 

 

 

動物のことは

戦争で、人類の進化の中で、

動物がたくさんたくさん犠牲になった経験があります。

 

 

 

やっぱりちゃんと考えたいと

個人的に思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする