14月。

おはようございます。

 

毎日少しづつ暖かくなってきました。

春が近くなってきていることは

心を和ませてくれる一つで

ありがたく思っています。

 

最近は単純に

「それでも時は過ぎる」

という言葉の通り

 

な現象を過ごしており

 

お金の問題は

押せ押せでがんばっていながら

解消できているかというと

理想の形をまだとれず

 

謝りながら少しづつ命をつながせてもらっています。

 

物理的にはおいおいって言われそうなことですが

 

店の今後などのすべては

神様に

従おうと思っていて

 

もともと、この形もすべて 

なるべくして成ったことであろうと思っています。 

 

唯物論であり物理的にいったら

12月の時点ですべて手段を放っていて失脚している点で

店は終わっていました。

 

でも今人様の温情というみえないもので

私たちは生かされ2ヶ月が過ぎていこうとしています。

 

神様のすることには一寸の狂いもないはずです。

 

今回のおカネの問題によって

神様が私たちに教えようとしたことは

支払いをきちんとできる

経営じゃなかったんだと思っています。

 

だからこそ、

ただ借りてこの出来事を解消するのじゃなく

 

いまいまの自分たちしっかり考え

向き合おうと思い今に至っています。

 

お客様の

「ほんとにここにお店ができてよかった」

そんな言葉をまだいただける度

 

”もっと頑張れることがあるはずですよ”

お客様を通じ言われてるようです。

 

ありがたいですね。。😊

 

 

時はいつもどんどん過ぎます。

 

私たちには実際

新しい年は来ていません。 

 

 

 

もうすぐ15月。

 

いつか充填し 

ご迷惑をかけた方々にお返しできるように 

 

  

 

 

 

 

心はいつも笑顔で😊

ありがとう御座います

 

 

f:id:sattva:20160224083137j:plain

 

 

 

 

 

広告を非表示にする