読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職人気質女子

私の気分転換の一つに漫画や本を読むことがあります。

漫画は大人になりとても好きになりました。

現実の出来事を画像として描写することは作者の表現力と人間性がとても問われ、

初めから現実を直視できない時やちょっと心が疲れて違う方向の世界から自分をみてたい時漫画は私にとてもいい影響を与えてくれています。

 

そんな中”職人気質なアラフォー女子必見”っていう言葉に誘われ読んでみた漫画↓

 

 

繕い裁つ人(1)

繕い裁つ人(1)

 

 

映画にもなったいるようでした↓

 

繕い裁つ人 DVD

繕い裁つ人 DVD

 

 
これは、自分の地盤を確認させてくれる漫画でした。

私は常に努力家だとか、アクティブだよねーとかよく言われてきましたが

それを褒め言葉ととれたことはただの一度もありませんでした。

 

なぜならそれは、同じ比率で

 

”張り詰めてるよね”とか”もっと気楽になったら?男作ったら?”

という言葉をもらってて、これは多分同じ意味合いです。



ただそこに、私が邁進することでみている人が息がしづらかったりする印象、影響を与えるのだろうということだけが害なのであって

他は私が何してようと とりあえずは影響は与えないだろうことなのでその辺の世間との距離感を持つという意味でこの作品は参考になりました。

 

 

って、

漫画のレビューをここに書いてどうすんだよって感じなんですが


タイトルにもあるように
気質というものは自分が育ってくる過程やその前から持っていたりするもので

 ー植物由来ー.. みたいな感じだと思っています。




私の若い時はこんな時代でしたが

f:id:sattva:20150810064826j:plain

 

 

なぜかそんな中で私はうまい汁を一度もすすらず、

卒業旅行とかにもまったくスルーで来てしまった残念な人間だったので

まあ、派手な生き方は用意されてないんだなってことで今落ち着いています。




そんな派手じゃない生き方にも

”損はないですよ。”っていう人にこの本は読んでほしい

 ってまた漫画のレビューになってしまいました。

 

 

 

 

自分の気質を卑下しがちだったり人と比べてしまって自身をその度失う人、

見失ってしまうことがある人..

 自分にすごく言ってる言葉かもしれないけれど

 その気質を誇りに思っていきたいですよね。


大量に売れる今時の商品とテーラーメイドの服


人の個性はがんばった魂への神様からのギフトだそうです。

前者に後者はいつも押されるけれど

それの良さを知っている人もいる。

 

自分のことにも励みになりましたが、お店のスタンスとしても

 とても読んでよかったなって思う一品でした。

 

ってやっぱり最後までレビューで終わってしまいましたm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする