酉年2017。 運(命)と努力というものについて

 

 

f:id:sattva:20170101175841j:plain

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

 

今年の正月は年末年始と仕事もお休みを2日いただき、のんびりした正月を迎えることができました。

 

元旦であった今日の午前中は土地の神様の城山八幡宮に挨拶を兼ね初詣をし、あとは決算の続き^^;をやっている感じです。

 

久しぶりに初詣に行き気づいたことでしたが、昨年の自分は八方塞りの年だったようです。

 

しかし神社には”門”がたくさんありますね...その門の両サイドには狛犬が目を光らせています。お正月の慣わしなのでしょうか、正月はさらに”門”が増設されていました。

 

久しぶりに神社に行った自分でしたが、この門を何度も潜り、神様に会いにいく道がなんとなく死んだあと49日を経て閻魔様に会いに行く道のようだと感じてしまいました。(人は閻魔様に行くべき所を決めてもらうのではないらしいですね。自分の一生のビデオみたいなものを先祖や肉親と一緒に見て、(自分の所業を血縁者に見られるなんて有りえなく恥ずかしい極みですが今までのことはどうにもなりません。。><)それでもう、自分の方からここに行ってもう一度修行し直しますと閻魔様に告るそうです。)一つ一つ門をくぐる度、この世で自分のした行ない(業)が思い出され、とても神様になぞ会いに行けない....という感じでしょうか。。今日の私の足はそんな事を思い出した為晴れやかとはとても言い難い初詣でした。

 

神社の門の脇に謙虚さと厳かなる気持ちを〜といったような言葉が彫刻されていることも自らの胸が痛んだ理由かもしれません。

 

そんな酉年の幕開けですが、陰陽五行ではこれからのうん十年は日本にとって世界にとって厳しい年となっていくと示されているようです。

まあ正直、、どんなに頑張っても自然の摂理や世界的な出来事に対し逃れることはできるものではありません。

 

少々前の自分は、”努力で人は必ずなんとかなるものである”ーと、信じておりました。でも反省を忘れる私なので仕方ないのですがここ数年、幾度目かの苦汁を飲んだ立場としてはその努力というのもどちらかというと、魂の活かされ方に対して行われることだと思うようになりました。

 

あんまり変に自分自身に期待をすることはせず、起きていることを静観しするべきことを(努力)することが努力。闇雲に努力というのも、出来事に執念を生みそうなので違うだろうと今は感じます。

 

そんな訳で、私は今ある生活のすべて〜商売、生活の場など〜そういうものに執着しない気持ちを持つように変化しました。

 

必要ならば活かされる。それだけです。

 

ただただ今が健康であり、よく眠れ、明日の仕事に備えられる自分であることに感謝するのみです。

 

自分の課題を見失わない一年となるよう心を引きしめていこうと思います。

今年も一年ありがとうございました

 

 

 

 

2016年もあとわずか。

ブルも、今年の営業は残りあと1日となりました。

(といっても、お客様との取引を何件か残しておりますが^^;)

 

一年一年お客様との関わりを通してさまざまな自問自答をし、たくさんのことを勉強させていただいています。

 

またお客様だけではなく、お店を支えてくださるさまざまな方がわたしたちに助言をくださり今日の当店があります。

 

来年も私達ができることを日々積み重ね精進していきたいと思います。

 

一年ありがとうございました。

 

さー!さー! 

年賀状年賀状‼︎💦💦😝

 

 

 

f:id:sattva:20161227145831j:plain

今に満足できることの大切さ

 

 

f:id:sattva:20161222120915j:plain

 

 

 

 

風邪五日目です。

 

 

風邪も治癒に至るまで病状も刻々と変化していきます。初め上部呼吸器官はなんともなかった私ですが、現在に至ってはモンゴルのホーミーかと思うような声にまで変化を遂げました笑

 

次の出勤はクリスマスイブなのですが...イブっていったら少年聖歌隊みたいなイメージの日、、なのに、そうじゃなさすぎる自分が嫌すぎます。こういう時、自分が何を大切にする人間かがよくわかる気がするのですが、私はかなり演出に重きを置く人間であり、男だったら女に対してどうや!という演出をし予想通り喜ばれたとき最高にテンションが上がる系。。と、妄想の横槍が入りましたがそんな訳で自分のへんなプライドが傷つかないためにもイブの日までにはこのホーミー声だけは直したいです。。🚑

 

今日明日は夫ともメールかへんな暗号でだけ過ごす予定だし、家からもほぼ出れない訳ですがそれでもすでに嬉しいことが一つありました。

 

今はwebで自分の銀行口座も閲覧できる時代ですが今日は給料日!調整手当であろうものがついていつもより少し多いお給料が振り込まれたことがwebで確認できました。

 

ボーナス、お給料と久しぶりに少し大きい額の金額を目にして思ったことを今日は書こうと思います。

 

昔はこの給料を多かれ少なかれどう使うかが楽しかったわけです。

自分を少しでもよく見せる格好、持ち物、そんなものにお金を使うのが楽しかった。

 

この、自分が変化する先の見えない結果にお金やエネルギーを使うことを「冒険」っていうのでしょうか。私もそこに十分すぎるほどお金も体力もつぎ込んできた一人です。

 

でも今まで注目したこともなかったことですが、まずこの冒険に進む前の自分はなぜ冒険したいと思ったかというところに初めてフォーカスをあててみました。

 

まあそうそう知識もない一人の主婦の考察に過ぎませんが、今にあるものが満足できてないことがこの冒険したいと思う動機ではないかという結論に至りました。

 

私の場合、この自分に「足らない何か」という欠如感が常にあったため、いつの自分にも満足ができませんでした。そして冒険に出たい!と思いました。そこに油という動力となるものがあるとすれば、今そのときの自分が常に認められないという自己否定だったのかと思います。

 

冒険はときに怖い思いやいばらの道を進まねばならないこともあります。どうしてこんな苦しい道を自分ばかり歩まねばならないんだろう...と、思ったりすることも沢山ありました。でも、その時その時の自分こそが自分であると認めることができていたらもう少しちがった生き方ができていたのじゃないかなと思ったりもするのです。

 

今年は父が病気で死んだことをきっかけに、その後自分の家族とも距離を置くことで自分自身としっかり向き合うことができた気がします。というか、私が自分と向き合おうとしたのはここにきて初めてであったことがよくわかりました。

 

私が大切にしているものは何か。

私が欲しかったものは何か。

 

私が私と向き合った時間はまだたかが半年ですが、半年でも私の私による自分確認が少しづつ出来、今自分の心がなにより平穏であることに気がつきました。そして夢によって自分が一番恐れているものもわかりました。(夢は潜在意識に自分が封じ込めてきたいろんなものが出てくる=デトックスともいわれてます)

 

私が欲しかったものは絶対的に普遍な安心感でした。

 

そしてこれは多分、自分の心(中)にあるものだとも宗教やえらい知識の人の中では言われます。

 

でも、そこまで人間ができていない私はずっと、今も外にその気持ちを求めているのが現状です。

 

だから、ぜったいに私そのものを否定しない関係を探すし、そこがわかればそれ以上はいらないと思うようになりました。

 

ただ、前と違うのは自分のすべてが欠けてないということです。

 

”お金がない訳ではない。今の生活が嫌で仕方ないとかじゃない。夫に対してもとくに大きな問題はない。自分自身も、まあそんな。”

という、感じです。

 

神々しい人のような高みにはまだまだいけませんが、今の私にあるものはみな平和です。

 

これがすべてなのかなって思えますね。

 

だから今、私は冒険に出なくてもいいわけで。旅の準備は大変ですよー;(汗)もうできれば冒険はいらないくらい(苦)

 

あと一回、冒険することがあるとすると、それは死ぬときなんじゃないかなーと思います。病気になって初めての治療を受けたりしながら死に向かう。それこそは最後誰しもがする冒険。

 

それ以上は私はもう冒険はいりません💦

 

今あるものを大切にしたいってことで..

今いる仲良くしてくれてる方、ありがとうとこれからもよろしくお願いします♡( ´ ▽ ` )

そして私がホーミー声をイブの日までに直したいという自分のプライドをかけていられるほど今の日本が平和であることに感謝ということで締めたいと思います。m(_ _)m

 

 

素敵なクリスマスをお過ごしください。 

 

 

 

 

 

良心のある仕事を。

f:id:sattva:20161217110929j:plain

 

       外国の仏のお客さま。一生懸命どうしたいのかを伝えてくれています。

 

 

 

 

 

年の暮れを前に。

今年一年、小さな店ながらも、そして私もお店に行く頻度が少ないながらも夫婦で接客し、ほっぺたがおちそうな笑顔で自転車を引き取りに来られる新オーナー様の笑顔を幾度かみることができ本当にうれしく思います。 

 

自転車ブームが去り、「自転車が欲しいんですけど〜」というお客様のπが数字として明確に減ってきたのが見えた今年。

 

”売るだけの店はかなり厳しくなってきている”と、広告業界、メーカー等の担当の方から直接耳にすることもあり、その現状を受け止めることにもなった一年でした。

 

今年、転勤という理由でなく買ったショップさんから修理を断られたり、車でいう車検のようなオーバーホールというメンテナンスを頼んだが3ヶ月待ちといわれ困っているといったお客様からの修理を承ったことも何度かありました。

 

さらにお知り合いの先輩オーナー様が拠点を移したことで、メンテナンスのお客様を受け継ぐということもありました。

 

といった感じで終わった一年。

 

うちの店の今後の経営を!と意識しなくても、現状がそれを伝えてくれることもある。

 

基本的なこと過ぎるのかもしれませんが、お客様という人(心)と、どう関わるかということかということにポイントがあるように思えました。

 

華はありませんが、いわゆるモノを大切にするーひとつの(良心)さえ失わなければ、ブームといわれるような何の努力もしなくてもお金が入ってくるということは無くてもお客様が来なくなるということはちょっと考えにくい気がするのです。。

 

裸の話でお恥ずかしいですが、うちの店は今年一年の売り上げは昨年とトントンだったのですがお客様の客数は昨年より減りました。しかし売り上げが変わらないということは指標のひとつにしかなりませんが、客単価が上がっているともとれます。

 

うちは修理が全売り上げの6割なので、それだけ修理のニーズがあるというシンプルな理由ですし、うちの夫がママチャリではなくスポーツ自転車の修理にある程度精通しているという強みがあってのことですが。

 

私の価値観にすぎませんが、私は自分自身が適当にあつかわれるのは嫌です。ものも同様安売りで購入しすぐ捨てるというとっかえひっかえサイクルの中で扱われる自分にはなりたくありません。

 

これはモノ、生きモノ一緒で、 自転車というモノも同様です。

 

お客様が持ち込む自転車が何十年もの、それを調べもせぜ古いからどうにもならないーとか、どうにもらなない的な言葉をいうのはひどいなと思ってしまうのです。

 

と、何度もいいますがこれは私の価値観なのですがねw

でも、こういうこという人は滅多斬りしたくなりますwww
(私の本性の漢の武将のおじさんがそうさせます)

 

よって私も夫も、服も鍋なども修理をしてくれるメーカーのモノを購入することがかなり多く、(自転車の衣料メーカー(最高峰の方ですが)も、メンテナンスをしてくれるのでオススメしたくなるというのがひとつの理由です)ここに良心があるかはわかりませんが地球にゴミを増やしたくないということは理由にあがるかもしれません。

 

このなんでもかんでも売り倒し投げ飛ばしとっかえひっかえ産業の究極にアマゾンの社長の究極なやり方があるのかもしれません。倉庫管理もコンピューター、買い取った新聞社もコンピューターに一部記事を書かせているそうです。人間はいらんってことでしょう。

 

 

 日々、私たち人間が小さなことから大きなこと(戦争)まで一人一人がなんらかの失敗したとしても、創造主は神なのですべてゆるしてくれるでしょう。でも失敗の代償は大きく選んだ責任をとるのだということだけは人として意識したいことであると思います。

 

 

人から頂いたもの、人から造られたもの

料理も修理もマッサージも看護行為も医療行為も

全部人の気持ちがこもるものです。

 

 

人間のこころを大切に。

 

 

怒りにいるレベル、愛にいるレベル

 f:id:sattva:20161213212047j:plain

 

 

 

 

今日は夜勤明けでした。

気がつけば、12月もすでに半ばですね。

 

ここのとこ低迷と酩酊??笑していた私ですが

怒りの発信源が自分が自分を打ち負かしていたことからだったことを

認識したことで、一気に120度くらい気持ちも体も良い方向に動けたのが昨日。

 

そこにまたもう一つの言葉を今日の朝のテレビから学ばせてもらったのでご紹介します。

朝のテレビの中で特集していたのは

パンク町田 - Wikipedia  さん。

パンク町田オフィシャルサイト ULTIMATE ANIMAL CITY

 

 

動物好きな私ですが

町田さんは”ポストムツゴロウ”と言われているように

立体感をもって動物と関わっている人ってそうそういないと思います。。

 

 

日本は動物に対しての価値観がとても低いともいわれ

愛護の視点から数種の動物を守っている

行動を起こしている方もたくさんおられるとは思いますが


町田さんは視点が地球ワールドで

世界を巡り、動物を知ってるからこその

怒りでの表現でなく愛を感じるというのが私の印象です。

 

 

町田さんは動物好きから動物の生態を知る楽しさや

生物同士としての平等な目線で動物を守れたらな

という多様さがあるように思い

地球的な暖かさを感じてしまいました。

 

 

 

一種でなく動物全てをみてるっていう違いは

なんだか大きな犬と小さな犬くらい違いがあるように思ったのは私だけでしょうか

 

 

私の目線も

とても小さな世界の中にいて

一人悲劇のヒロインになってたんだろうなと気付かされました。

 

 

 

そんな町田さんに、

”自分の人生に迷ってしまうことがある人が多くいると思いますが

何が必要だと町田さんは思いますか?”という問いに、

 

 

”とにかく自分が好きだと思うことを、

勇気をもってやることだと思います。

人に何を言われようと関係ありません。”

 

 

と言われていました。

 

 

いつも人に合わせていた自分なので、

この言葉は暖かさとともに、

〜なんでも自信をもってなってみなさい〜

と、地球が微笑んでいるようなイメージが湧いた私でした。

 

 

ノー、セカンドライフです。

自分がやってみたいことを恐れず肯定しようと思いました。

 

 

 

 

f:id:sattva:20161213210342j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私を生きる

 

 

 

先日はちょっとしたお疲れ様会に出席 

 

f:id:sattva:20161127140147j:plain

 

ほろ酔いで街歩いたりして楽しかったのに

 

f:id:sattva:20161127140303j:plain

 

f:id:sattva:20161127140337j:plain

 

 

帰って数時間後まさかの悪酔い orz 

 

今日の夜勤が無事に終われて本当良かった&神様まじサンキュー..(; ̄ェ ̄)  

 

 

 

自分のこの先に何ができるのか 

ぼやんと急がず探し中な訳ですが  

 

携帯からなんで、うまくリンクが貼れなかったんだけど  

 

犬や猫を助けてる広島の中谷さんの

ブログを何故か突然見つけ  読み 

心が動かされた。

 

私も小さい時から人間より弱い動物が好きできて 

 

でもこの人は悲しい現実や辛いことも受け入れながら動物を飼う責任を身体で示してきた。 

 

 

”ただ自分がしたい事をしてるだけだ”

という言葉に 

 

 

中谷さんの中の純粋な気持ちだけがこの人を動かし現実を作り出してる事がよく分かった。   

 

 

と同時に 

うらやましいな、、と。

 

 ああまたこの壁に当たっちゃったなと思いつつ自分と重ねた。  

 

 

体裁や義務じゃなく 

自分が好きなものはなんなんだろう

 

 

個性より体裁だと育てられたら

多分一生自主的に自分の好きなもの探しはできない気がする。 

しかし、自覚しなくても、無意識は私を誘導してくれる。 

 

 

だから馬の事も思い出したし、 

中谷さんにも行き着いた。

 

 

確かにカルマとか前世とか 

色んなレッテルがあるけど 

私は私がしたいことをしたいと思う

し 私は私を生きていきたい。

 

 

本当はやりたくないのに、今までずっと義務で自分を生きてきた。 

それ、もう辞めたい、止めよう。 

 

 

会わなくなって4か月 

心が少しずつだが解放されて来てる

のがわかる。  

 

 

私は私を生きようと思う。  

 

 

尾崎豊じゃないがホント 

「支配からの卒業」じゃ!

 

って  

自分のシステムを変えなきゃならないんだから少しづつしか出来ないけどね。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のパターン

 

 

 

 

何年も”自分”をしていると 

良いスパイラルも悪いスパイラルも 

はまるパターンがあるなというのが

何となくわかるもので 

わかっちゃいるけどやめられない〜 

とか言ってるうちに 、ほら、もう時間切れだよとばかりに大病を患ったりお迎えが来ちゃったりで

 

後悔先に立たずが人生ゲームのお約束と勝手に思ったりしてるんですが  

 

 

🍀🍀🍀

 

 

昨日は夜勤で 婦長さんとお仕事だったのですが 妙に納得し腑に落ちる話があったのでこちらにご紹介させてください★彡

 

 

何度も同じ事が巡ってくることについての話です。

 

 

別にスピリチュアルな話をしていた訳じゃないんですが

 

 

人生で何度場を仕切っても同じ境遇がやってくる出来事は、その人の今世での課題…という話です。 

 

 

婦長さんの場合だと 

何度就職しても毎回管理職になり 

結局その管理職を如何に人生かけするかが自分の今世の人生の宿題なんだと悟ったそうです。 

 

だから大変だけど、現状の管理職から逃げることを辞め、外部から離れる機会が与えられるまで頑張ってるようで。。 

 

この話、この価値観、、、私が今そんな上司の元で働けることに凄く感謝してしまった訳です…>_<…✨ 

 

ちなみにすごく美しいのに配偶者に恵まれなかった事についてはその後配偶者になるような縁もないので結婚は来世の課題だよと笑 

 

 

そして私の場合はそれが結婚だと 

いう訳ですが、この課題、絶対逃れられないばかりか凄い仕打ちがあります、、  

 

 

逃げると、その課題のレベルが上がるそうです。。 

 

管理者だと管理が複雑な職場になり 

結婚も相手が自分にとって楽な相手ではないなど 

 

 

 

妙に腑に落ちました笑笑

 

 

 

ただ私はこれを聞いて 

そうか、とりあえず一つやり遂げたらいいんだと思ったら、とても気が楽になりました。 

 

 

桃源郷はないってことで笑😂 

 

 

 

与えられた場所で粛々と、、かな(^_^) 

 

 

f:id:sattva:20160924190820j:plain