読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酉年2017。 運(命)と努力というものについて

人生

 

 

f:id:sattva:20170101175841j:plain

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

 

今年の正月は年末年始と仕事もお休みを2日いただき、のんびりした正月を迎えることができました。

 

元旦であった今日の午前中は土地の神様の城山八幡宮に挨拶を兼ね初詣をし、あとは決算の続き^^;をやっている感じです。

 

久しぶりに初詣に行き気づいたことでしたが、昨年の自分は八方塞りの年だったようです。

 

しかし神社には”門”がたくさんありますね...その門の両サイドには狛犬が目を光らせています。お正月の慣わしなのでしょうか、正月はさらに”門”が増設されていました。

 

久しぶりに神社に行った自分でしたが、この門を何度も潜り、神様に会いにいく道がなんとなく死んだあと49日を経て閻魔様に会いに行く道のようだと感じてしまいました。(人は閻魔様に行くべき所を決めてもらうのではないらしいですね。自分の一生のビデオみたいなものを先祖や肉親と一緒に見て、(自分の所業を血縁者に見られるなんて有りえなく恥ずかしい極みですが今までのことはどうにもなりません。。><)それでもう、自分の方からここに行ってもう一度修行し直しますと閻魔様に告るそうです。)一つ一つ門をくぐる度、この世で自分のした行ない(業)が思い出され、とても神様になぞ会いに行けない....という感じでしょうか。。今日の私の足はそんな事を思い出した為晴れやかとはとても言い難い初詣でした。

 

神社の門の脇に謙虚さと厳かなる気持ちを〜といったような言葉が彫刻されていることも自らの胸が痛んだ理由かもしれません。

 

そんな酉年の幕開けですが、陰陽五行ではこれからのうん十年は日本にとって世界にとって厳しい年となっていくと示されているようです。

まあ正直、、どんなに頑張っても自然の摂理や世界的な出来事に対し逃れることはできるものではありません。

 

少々前の自分は、”努力で人は必ずなんとかなるものである”ーと、信じておりました。でも反省を忘れる私なので仕方ないのですがここ数年、幾度目かの苦汁を飲んだ立場としてはその努力というのもどちらかというと、魂の活かされ方に対して行われることだと思うようになりました。

 

あんまり変に自分自身に期待をすることはせず、起きていることを静観しするべきことを(努力)することが努力。闇雲に努力というのも、出来事に執念を生みそうなので違うだろうと今は感じます。

 

そんな訳で、私は今ある生活のすべて〜商売、生活の場など〜そういうものに執着しない気持ちを持つように変化しました。

 

必要ならば活かされる。それだけです。

 

ただただ今が健康であり、よく眠れ、明日の仕事に備えられる自分であることに感謝するのみです。

 

自分の課題を見失わない一年となるよう心を引きしめていこうと思います。

広告を非表示にする

今年も一年ありがとうございました

自転車店 自営業

 

 

 

 

2016年もあとわずか。

ブルも、今年の営業は残りあと1日となりました。

(といっても、お客様との取引を何件か残しておりますが^^;)

 

一年一年お客様との関わりを通してさまざまな自問自答をし、たくさんのことを勉強させていただいています。

 

またお客様だけではなく、お店を支えてくださるさまざまな方がわたしたちに助言をくださり今日の当店があります。

 

来年も私達ができることを日々積み重ね精進していきたいと思います。

 

一年ありがとうございました。

 

さー!さー! 

年賀状年賀状‼︎💦💦😝

 

 

 

f:id:sattva:20161227145831j:plain

広告を非表示にする

魂の音源 〜Giovanni Sollima〜

音楽

 

 

20代の終わり

Kremerata Balticatracing astorというCDの中の

Violoncells vibrez!を耳にしてから

自身の中で相当な好きなこの曲。

 

久しぶりに聞き、なんとなくいろいろ検索していたところ

なんとその作者が今も生きている人であることを知ったのは昨日笑 

 

ピアソラと同じくらいであろうと勝手に先入観を抱いていたもので

非常に感動をしました!

 

 

作曲家、チェリスト Giovannni  Sollimaです。

 Violoncells vibrez! (チェロよ歌え!)は彼の作曲です。

私的には白樺を連想させます。。

 

youtu.be

 

 

生きていると一度は理由なく気持ちが高揚して仕方ないほどの出来事に出会えることがあると思いますが、そんな魂の興奮という意味での Gionvanni Sollimaの感性はわたしの頂点であるといっても過言ではありません。

 

いつかは朽ちていってしまう肉体と反対に

心はどこまでも深く、水水しく清く気高くいることができます。

 

元のそんな心に戻れるような

魂が震えられるものを大切にしたいなと思います。

 

youtu.be

広告を非表示にする

今日1日だけ。

人生 自己探求 清原選手

 

 

 

夜勤の前ですが、さらさらーとした音楽で自分の心も砂のようにお掃除。

 

youtu.be

 

 

すでに心が新年になっている私ですが
新年になり気持ちも心も新たに...といいますように、今年(2017年)は自分も過去のことなのに確執となり消化できない出来事、土地、人,,,,,そんなものを手放していけるよう心をトレーニングしていきたいと思っています。 

 

 

そんな中、今日は清原選手のインタビューの記事を読み、確かに罪を犯したのは清原選手自身なのですが、自分の犯した代償に対しこれほどにも苦しい顔、日々をみせている人を今の日本で取り上げるマスコミのニュースの中ですごく奇特に思えてしまったのは私だけでしょうか。。

 

人には因縁とか自分のもっているものからの苦境をいうものが、少なからずあったりすると思っています。清原さんの場合はエネルギーが大きい人だけに狙われやすくもあったのだと思います。(そして本人の心が純粋すぎただけに。。)

 

 

清原選手の自分がしたこととはいえ取り返しのつかない現在は、たくさんの人の教訓にもなるように思います。たとえそれが今生であろうがあの世での制裁かは置いといて、自分のしたことは全部自分に返ってきます

 

しかし、このインタビューの清原さんの写真をみて意見があったように、憑き物がとれたように私にもみえました。関わった人たちへ申し訳なかったと涙を流し、悪魔と毎日戦っている姿。悔恨からの浄化ができたーともいいましょうか。昔の威厳も全くないのですが、一番元の姿に戻れたようにみえました。人の前で取り繕うことをやめ謝罪する清原さんに心底エールを送りたくなりました。

 

人は一番どん底にいる時ほど内在する神に近くなれるといいます。清原選手にはそれを感じた気がしました。

 

これからもなんども誘惑に落ちるかもしれません。でも、それでも清原は清原に変わりないのです。 

母親のようですが、転んだり立ち上がったりする姿をずっと心にかけていたい気がします。

 

日々というものは毎日の積み重ねですが、この毎日という最小単位の時間枠を過去も未来もなく、とにかく野球の試合のように戦っていけばいいのだと思えましたし、私もそう生きていこうと思いました。

 

そして、日々によって重くなった体、罪に汚れ、病気を患ったボロボロの体を死ぬまで自分の力で引きずって歩くのです。時に洗濯もでき軽くなることもあるかもしれませんが、その引きずって歩くものが自分じゃなくなることはありません。

 

 

 

 

さあ、私も自分と歩いていきますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

音楽の話

jazz 休日

 

 

 

今日はゆっくりうちで経理などやっています。

 

風邪はようやくほぼ声だけ。ただ、だいぶ体力を奪われ、少し動いては横になる。明日から仕事なのに大丈夫か?5m歩いてハアハアしてそうだ。。1日寝ている(寝たきりの臥床状態)と筋力は7%落ちると言われるが日々の体に感謝を感じずにいられない。

 

さて、経理もある意味計算ドリルみたいなもので、ちょっと集中力が持たないので音楽を聴いたりしてます。

 

私はクラッシック、ポップス、EDM 、ジャズ系とあまり好みがはっきりせずなんでも聞きますが、ジャズの CDはカバーがおっされなんでそういう意味でも好きです。とくに ECMの作るカバーデザインは◎。

 

ジャズを好きになったのは20代後半ピアソラとか系からだったからかなー?でしたが、ここ名古屋の本山は JAZZ  CAFEがとても多かったりするのですが、私が好きだったのは藤が丘の青猫さん。

www.facebook.com

ここのマスターに教えてもらった Marcinwasilewski Trioは
以後ファンにw。
めちゃかっこよい。

 

youtu.be

 

 

 

さてそんな休日のコーヒータイム。

 BILL EVANSのpeace piece。

 

youtu.be

ぼーっと。ぼけーっと。

たばこ。。

たばこは嫌いなのに。

ジャズ喫茶なんかでのコーヒーを焙煎する匂いと一緒にまじるたばこの煙はなんだかセットなんだよなあ。で、なぜか落ち着ける。。

 

この曲は曲奏がサティっぽいですね。

 

さー仕事するか。

広告を非表示にする

今に満足できることの大切さ

人生 自己探求 アラフォー 転機 自己受容

 

 

f:id:sattva:20161222120915j:plain

 

 

 

 

風邪五日目です。

 

 

風邪も治癒に至るまで病状も刻々と変化していきます。初め上部呼吸器官はなんともなかった私ですが、現在に至ってはモンゴルのホーミーかと思うような声にまで変化を遂げました笑

 

次の出勤はクリスマスイブなのですが...イブっていったら少年聖歌隊みたいなイメージの日、、なのに、そうじゃなさすぎる自分が嫌すぎます。こういう時、自分が何を大切にする人間かがよくわかる気がするのですが、私はかなり演出に重きを置く人間であり、男だったら女に対してどうや!という演出をし予想通り喜ばれたとき最高にテンションが上がる系。。と、妄想の横槍が入りましたがそんな訳で自分のへんなプライドが傷つかないためにもイブの日までにはこのホーミー声だけは直したいです。。🚑

 

今日明日は夫ともメールかへんな暗号でだけ過ごす予定だし、家からもほぼ出れない訳ですがそれでもすでに嬉しいことが一つありました。

 

今はwebで自分の銀行口座も閲覧できる時代ですが今日は給料日!調整手当であろうものがついていつもより少し多いお給料が振り込まれたことがwebで確認できました。

 

ボーナス、お給料と久しぶりに少し大きい額の金額を目にして思ったことを今日は書こうと思います。

 

昔はこの給料を多かれ少なかれどう使うかが楽しかったわけです。

自分を少しでもよく見せる格好、持ち物、そんなものにお金を使うのが楽しかった。

 

この、自分が変化する先の見えない結果にお金やエネルギーを使うことを「冒険」っていうのでしょうか。私もそこに十分すぎるほどお金も体力もつぎ込んできた一人です。

 

でも今まで注目したこともなかったことですが、まずこの冒険に進む前の自分はなぜ冒険したいと思ったかというところに初めてフォーカスをあててみました。

 

まあそうそう知識もない一人の主婦の考察に過ぎませんが、今にあるものが満足できてないことがこの冒険したいと思う動機ではないかという結論に至りました。

 

私の場合、この自分に「足らない何か」という欠如感が常にあったため、いつの自分にも満足ができませんでした。そして冒険に出たい!と思いました。そこに油という動力となるものがあるとすれば、今そのときの自分が常に認められないという自己否定だったのかと思います。

 

冒険はときに怖い思いやいばらの道を進まねばならないこともあります。どうしてこんな苦しい道を自分ばかり歩まねばならないんだろう...と、思ったりすることも沢山ありました。でも、その時その時の自分こそが自分であると認めることができていたらもう少しちがった生き方ができていたのじゃないかなと思ったりもするのです。

 

今年は父が病気で死んだことをきっかけに、その後自分の家族とも距離を置くことで自分自身としっかり向き合うことができた気がします。というか、私が自分と向き合おうとしたのはここにきて初めてであったことがよくわかりました。

 

私が大切にしているものは何か。

私が欲しかったものは何か。

 

私が私と向き合った時間はまだたかが半年ですが、半年でも私の私による自分確認が少しづつ出来、今自分の心がなにより平穏であることに気がつきました。そして夢によって自分が一番恐れているものもわかりました。(夢は潜在意識に自分が封じ込めてきたいろんなものが出てくる=デトックスともいわれてます)

 

私が欲しかったものは絶対的に普遍な安心感でした。

 

そしてこれは多分、自分の心(中)にあるものだとも宗教やえらい知識の人の中では言われます。

 

でも、そこまで人間ができていない私はずっと、今も外にその気持ちを求めているのが現状です。

 

だから、ぜったいに私そのものを否定しない関係を探すし、そこがわかればそれ以上はいらないと思うようになりました。

 

ただ、前と違うのは自分のすべてが欠けてないということです。

 

”お金がない訳ではない。今の生活が嫌で仕方ないとかじゃない。夫に対してもとくに大きな問題はない。自分自身も、まあそんな。”

という、感じです。

 

神々しい人のような高みにはまだまだいけませんが、今の私にあるものはみな平和です。

 

これがすべてなのかなって思えますね。

 

だから今、私は冒険に出なくてもいいわけで。旅の準備は大変ですよー;(汗)もうできれば冒険はいらないくらい(苦)

 

あと一回、冒険することがあるとすると、それは死ぬときなんじゃないかなーと思います。病気になって初めての治療を受けたりしながら死に向かう。それこそは最後誰しもがする冒険。

 

それ以上は私はもう冒険はいりません💦

 

今あるものを大切にしたいってことで..

今いる仲良くしてくれてる方、ありがとうとこれからもよろしくお願いします♡( ´ ▽ ` )

そして私がホーミー声をイブの日までに直したいという自分のプライドをかけていられるほど今の日本が平和であることに感謝ということで締めたいと思います。m(_ _)m

 

 

素敵なクリスマスをお過ごしください。 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

来年の目標

自己成長

f:id:sattva:20161221175735j:plain

もともとはちみつにはまってる我が家ですが。。

風邪のときこそハチミツが本領発揮します。

 

 

 

年末もあと少しでその忙しさが若干実感ないまま2016年が終わろうとしています。

 

私にとってこの一年は体に無理がきかないことを自身に知らしめるような一年でした 。無理がきかない体によって教えてもらったことは大きく、良いものを与えていけるためにもまずは自分を整えることだけに専念しようと思えるようになりました。

 

そんな年末、決算のため有休をとった今週ですが、週初めそうそうからかなりひどい風邪をひいてしまいました。一番ピークの時解熱剤をしこたま使い夜勤を気合で乗り切った分、あとから倍返し状態になりやっちまった感だらけな今ですが、さまざまな反省を込め来年の抱負なんぞしたためておこうと思いました。

 

 

〜自分の体を整える、心を整えるということ〜

 

私はこの、休むギアチェンジが下手で休む=負け みたいな意識があり休むという行動が十分にとれない自分がいました。でもこういった意識をもっている層は私の上の年齢の方には当たり前に多いのかなと思いますがどうでしょう?

 

24時間戦えますかなんてフレーズが大きな共感を呼んだ日本です。個人より集団が優位であった日本ですから、自分を殺している生き方をしてる人はたくさんいるんじゃないでしょうか。

 

仕事が楽しいのならいいですし、仕事しなくてはお給料は入らないので仕方ないこともあります。

 

でも心は自由であることを忘れていたのかなと思います

 

 

〜さあみなさんも私と一緒にシフトチェーンジ♪〜

 

 体に対しての心、精神という部分は科学が主体の資本主義社会では人の健康には関係性がないとされてきました。しかし時代の変遷とともにこの考え方で人は健康でいられず歪みが生じ、以後心を重視するようになった時代になってきたのが昨今であると思います。(科学と反対に東洋医学は体と心の両方で一つという考え方で、今は東洋医学の思想がいろんな分野で取り上げられています)

 

たいして生きていない私がいうのも変ですが、時代が変わればいろいろなものが変わります。いい意味でも悪い意味でも、順応性というのは大切なのかなあと思ったりする今日この頃です。

 

世代間のギャップという言葉がありますが、私がみてても今の若い子は自分の使い方が上手い気がします。自分と外(社会、他人)の切り替えが出来るというか、スタイリッシュな印象というか。無理しない、自分を犠牲にしないという、私たち世代では若干度胸もいるような生き方です。笑

 

私もこんないまの若者の生き方をやっかむ世代です笑 

 

私たちは心も会社や先輩に合わせ、ギスギスしていました。でもやっかみの中にあったのはうらやましいという気持ちでした。ここがポイント、したいことができない昭和のあなた。

そう、自分もなったらいいんです。。

そうしたら、その子たちのことは腹たちません笑

 

今時の子がいろいろ社風的にとか問題になることがあるとも思いますが、もうちょっとその若い子を信用するのも大切ですし更には”自分のやり方が永遠ではない”と認めることも大切なんじゃないかと思ったりもします。

 

平野ノラが芸人として笑われてますが、彼女は芸人だからいいんです。私たちは普通の一般人であるので。。気持ちを変えること、来年から意識していこうと思います。

 

 今年は私の人生のターニングポイントでした。

 

この一年を活かして来年以降いけるといいなと思います🌟

 

 

広告を非表示にする